最近思うこと 人工知能 AI(Artificial Intelligence)

AIの一人歩きが目立つ。AIはあたかも万能がごとく崇拝の的となっている。ちょっと知っているエンジニアは特定型AIと汎用型AIがあって、それらがどのように区別されているかは理解しているはずである。その先は人工知能の中身の仕組みや、どのようなデータを必要とするか、出来るだけ速く演算させるための半導体チップ開発などがあるが、普通に暮らす人達には難解すぎるので、ここでは深入りしない。

wiki; 特定型AI, 汎用型AI

よく考えると、もはや答えや結果を出すプロセスは人が追いつかないという。しかし、出て来た答え(本当は複数ある中の、ただアドバイスとして参考にすべき程度のものかもしれない)を信奉し、どんどん進んでしまう。例としてAIが出て来たら無くなってしまう職業、それで何万人が失職すると平気でいう。逆にAIが出てきても無くならない職、こんな技能を有する人材は大丈夫だという議論をしている。振り返るとなにもAIがなくとも歴史的に不要となった職、継続される職、また新たに必要となって、今流にいうとイノベーションで生まれる職もあった。産業革命でエネルギーやエレクトロニクス化が進み、更にIT化では産業の規模拡大で所得増大と雇用拡大が計られ、経済縮小へとはなっていない。

日本では少子高齢化で人手不足と騒いでいるが、本当はそうでないと私は見る。数字的には人材の適材適所が出来ていないことを原因とする非効率化、業務の効率化や分散化をすべきで、インセンティブとしては年功序列ではない経験度やサラリーのアップを検討すべきである。

2018年3月(就職活動が解禁):最近のネット記事で紹介されていたが、就職試験の面接のAI化が試みられたそうである。IBMのワトソン(言語、会話解析)が裏にあってソフトバンクの推進する人型ロボット、ペッパー君(カメラセンサーが取り付けられ学生のしぐさや表情がとらえられている)が面接官だそうで、先ず質問に学生が答えるとせっかちに次々と質問をしてくるそうで、その際の流れで、50-60件の質問で終わる学生、100件以上の質問をされたケースもあるそうで、その“面接”時間は1時間半にも及ぶこともあるという。結構ロボット面接官と対峙して疲労困憊だったそうである。面接のAI化で何が効率化して、何が良かったのか、何が課題として残ったのか分からないが、この程度では人事の面接官の一時的代役は出来ても人事の社員はまだ無くならない。

さて、AIも勝ち負けで結果が出るゲームの世界では様相が一変する。囲碁、将棋、チェスなどは先ずAIの方がxx級、x段の力量があると示され、それを人が打ちのめすと、俺は将棋が初段であるというような自慢話は、初期の頃の話でAIとは言わずに、コンピュータxxとかゲームのソフト化と言っていた。現在では将棋6段・中学生の藤井君が颯爽と出てきて、皆さんプロの棋士はAI将棋で勉強、研究しているそうで、藤井君の相手の棋士が打った手に対してAIはこうする、しかし藤井君は時には予想もしない手で攻めて来ることもあると解説されていた。プロを打ち負かすAIロボットをデビューさせることが目標となってしまった。本来ならは脳の中の思考回路とか無意識・意識的判断をなぜしたかというような分析解析的議論へ進んで欲しいところだが。

AIが出てきたら、こんな新しい事が出来る、今まで無かった新しい職が生まれるというポジティブな意識になった方が良く、無くなる職の心配をするネガティブな意識は捨てた方がいい。

付け足しだが、AI、人工知能の著書やブログを漁ると #ニーチェ まで来てしまう。AIが発達すると人は労働をしなくなる。ニーチェの” #超人 ”に対する” #末人 ”は以下こう書かれている。

ニーチェの末人:愛もあこがれも創造も知らず、健康に気を配り、労働も慰(なぐさ)みの程度に必要とし、平等で貧しくも富んでもおらず、わずらわしいことはすべて避ける。安楽を唯一の価値とする人間たち。ひょっとするとそういう人間たちが、人類の歴史が生み出す「最後の人間」なのかもしれない。

久しぶりの体感

こうやってコンサルタントの仕事を続け、10年が経ってしまった。

顧客の依頼を忠実にこなし、支援する事は誰でもが解っているが、具体的にどうやってソリューションを提供すれば、満足して頂けるか、自分でも達成感を得て、次の案件に進もうという意欲、インセンティブを持ち続けるための経験を最近した。

これは誰でもがしていることだが、業界の展示会に参加してみて、還暦を過ぎた身でも常に新しいことを勉強し、吸収し続けること 1)、ただの勉強でなく、時間が進むと歳をとるのではなく、古い捨てることが出来るものは捨て、新しいライフスタイルを得ること 2)、そのような経験、体験を出来るだけ多く見つけること 3)。

さしずめ、生涯教育という言葉もあるが、一生涯とはやや嫌いな言葉。最近の流行の言葉で表すると持続可能な勉強という事になるだろう。 <sustainable>が持続可能と和訳されてるが。

6月10日から始まった都内からちょっと遠い、しかし、メトロや京葉線を乗りつぐと速い、幕張メッセのInterop 2015へ行ってきた。久しぶりの体感とは、IT業界企業の関係者、社員は若い。現場も盛り上がり熱気を感じた。それより、10年前までは考えられなかった技術、システム、装置が実用に供されていたことである。重厚長大、軽薄短小とよく言われるが、絶対的で完璧な目標は誰に分かるであろうか?、そこにとらわれず、その場その場で最適と思われるソリューションで対応していけば宜しいのではないだろうか。

余談、プラレールは子供が喜んで遊んだが、最新のリニア―トレインの模型は大人が喜んで遊びたいとワクワクさせるもの。こんな新しいライフスタイルの仕組みを目指す気持ちを持ちたい。

寺田寅彦の蓄音機

寺田寅彦が蓄音機について書いている。時は大正11年4月のこと。

エジソンがこれを発明したのは1877年で、日本では西南戦争をしていた頃。寅彦の父は其の西南戦争へ参加していたと書かれている。

さて、詳しくは青空文庫の随筆をお読み頂きたいが、実演とはレコードを蓄音機で再生して音を聞くことだけではなかったことが紹介されている。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2446_10267.html

寅彦が中学生の時に聞いて覚えている実演とは、先ず文士が肉声を吹き込むのである。聴衆は先ず文士の肉声を聞いて、頭に記憶しておき、吹き込みレコードされた板を、今度は再生し、其の再生音と覚えている肉声とを、あれやこれやと比較している様子を描いている。

文士が実演の時「ターカイヤーマーカーラアヽ」と歌ったそうで、お経か呪文か?私は意味が分からなかった。寅彦もそう思ってカタカナ書きにしたのだろうとも考えた。実はこれは、“高い山から、、、、”という歌の事だそうだ。

蓄音機の機械回りのことをやはり、あれやこれやと物理学者であるので、グラムホンのものは繊細に溝が切られていて、音がいいとか。針が大切だとかという表現で語られている。

繰り返し、決まりきった同じ内容を講義する先生の代わりに、装置を用いた教育論まで言及している。今のe-learningに近い話である。

随筆の最後の所で寅彦は、以下のように書いている。約86年前にである。

——————————————————————-

蓄音機に限らずあらゆる文明の利器は人間の便利を目的として作られたものらしい。しかし便利と幸福とは必ずしも同義ではない。私は将来いつかは文明の利器が便利よりはむしろ人類の精神的幸福を第一の目的として発明され改良される時機が到着する事を望みかつ信ずる。その手始めとして格好なものの一つは蓄音機であろう。

——————————————————————–

文明は便利を追求するものだが、将来文明の利器は人類の精神的幸福を満たすものになると。それが蓄音機であるならば、今のAV機器、iPod、任天堂、ソニーのゲーム機器などは人類の精神的幸福を満たすを通り越して、“薬”の如く止められない習慣性をも植え付けてしまったようだ。携帯端末も“リアルタイムで電話をする“という利便性は二の次で、ネットアクセスや着メロ、最新型はワンセグ(地上波デジタルテレビ)まで付いている。

*注:この日記を書いた2008年8月には未だスマフォという言葉はなかった。

2008年8月27日記す

成人教育向けe-learningの鍵(こつ)

これまで、K-12の義務教育やedXの様な大学高等教育にe-learningを上手く活用し、教育機会を提供したり、高額な大学の月謝などの費用を軽減できる一つとして、議論されてきた。

今回、Kirsty Chadwickさんは生涯教育というより、企業社員教育としてのe-learningの役割について幾つか言及している。プログラムやツール・プラットフォームの出来やデザインではなく、教育を受ける大人の気構え、意識と言ったところでしょうか。モチベーションを第1番に指摘し、スキルを身に付けさせるというのではなく、会社は君、社員を必要としている、会社は社員に係っているのだという事を如何に説明するかだという。第2番目には、研修を受けなさいという指示ではなく、知識や経験に優れた大人は、ある分野での知識や専門性を前もって評価して、もしギャップがあるならば、それを埋めようという経験を尊重することだという。

第3には自分で方向性を見出させる事、第4位には受け身的に講義を受けるのではなく、相互的に(Interactive)教育プロセスに参加しているのだという十分な満足感を得る雰囲気創りがポイントだという。

参照:

http://www.gadget.co.za/pebble.asp?relid=7469

e-learning (online education) が変わる気配

online educationでは、これまで、カーンアカデミーのように世界中のK-12(日本や米国の義務教育)を主に対象とする若年層(少なくとも英語は必要だが)に無料で教育が受けられるように活動している大きな組織やedXやCourseraのように所謂大学・高等教育を無料で受講できる法人組織が中心に語られてきた。

最新の米国情報によると、学ぶ目的が明確で、コスト・時間に制限がある企業の経営幹部が受講を奨められるビジネススクール(BS)のe-learning市場成長が期待されている。

高等教育では現在、4つの課題・問題が励起して来ている。

1.公的資金助成が限界に来ている。もはや政府や地方自治体に予算余力はない。従って、学校間の買収、統合が進みつつある。フランスなど。

2.所謂高齢化・少子化などの人口動態が急速に変わって来ている。日本、フランスなど。

3.経済動向、BSの卒業生の就職も厳しく、雇用に影響。

4.e-learningは幾つかの学校の運命、最終的結果を変えるように再構成へ動く。e-learningは世界中の特にBSに於いて事業的に最大のチャンスが訪れる。

4-1 BS, 企業の経営幹部のマネージメント教育、来校は不要など。どのようにして収益を得るか?インターネットには無料のコンテンツが一杯ある。どのように競争優位性を開発するか。ブランド、著名教授か?それだけではなく、差別化、特異性、専門性というそれぞれのBSにはmissionがあるはず。

BSに対する企業の要望は、①最良、最大効果をもたらす取引で、決定までに長い時間はかけられない、短いプログラムで、コスト効果のあるもの。②アカデミックはよりアカデミックへ入り込んでしまう。明日のビジネスにどんなインパクトを与えるが重要視される。以下続く、

参照サイト:

http://people.uis.edu/rschr1/onlinelearning/?p=8231

http://www.iedp.com/Blog/Can-B-Schools-Meet-Challenges

 

On line learningが民生電子機器展へ参入

On line learningが民生電子機器展で、特別企画を設けるという。残念ながら、この話は毎1月に米国・ラスベガスで開催されるConsumer Electronics Showでの話である。その特別企画は HigherEdTECH Summit,と名付けられている。

要はOne line educationと言われ、今爆発的に普及されることが期待され、教育サービスを提供している機関を取りまとめる団体が、民生電子機器展でアピールするというのである。

著名なedX, Coursera とUdacity は無料コース、有料資格認定、適職探し、更に伝統的な大学機関に進みたい学生リクルーティングを展開している。

http://www.huffingtonpost.com/robin-raskin/higher-tech-meets-higher-_b_2333414.html

上のサイト情報を引用させて頂くと、HigherEdTECH Summitでは以下のスピーカーの方々が紹介されている。

• James Applegate, Ph.D., Lumina Foundation;
• Joel Klein, Amplify;
• Doug Lederman, Inside Higher Ed;
• Walt Mossberg, The Wall Street Journal;
• Andrew Ng, Coursera;
• Lawrence H. Summers, Harvard University;
• Candace Thille, Open Learning Initiative (OLI) at Carnegie Mellon University.

One line learningにはコース教材が必要である。これまでは印刷された教科書が使われてきたが、徐々にではあるがE-texts とe-content に置き換わっている。このデジタル化された教材は学生にとって多様な教育講座(コース)を選択しやすくなる。デジタル教材作成の教育関連企業、McGraw-Hill Education, Copia Interactive や Inklingが参加している。更にこのOn line learningのモバイル化で必要なデバイス機器企業、Amazonから Samsung や Apple まで、この市場を虎視眈々と狙っている。

このように市場の成長が目覚ましい米国ではOn line learningは民生電子機器展へまで参入して来ているのである。

英語能力向上 4(完)

英語だけでなく、学んだことをどういう形でまとめ上げ、それをどのように実施すると、一番効果があがるかについて研究したEdgar Dale氏は、自分でその内容などの構成を設計し、自ら発表して、第3者に示すことが良いそうだ。統計的な評価であるが、このような学習では、自分の実行したことの90%を覚えているという。比較として、本をさらっと読んだ程度では、10%位しか覚えないそうだ。

すなわち、英語で“Presentationを実施する“事が英語力を向上させることでも一番効果的でありそうなことが解ります。

Presentationは、最初は短くていいでしょう。5分として、スライドなども5ページ程度でいいでしょう。さて、学んだ成果をどのようにpresentationするかですが、“英語能力向上 3”でお話した人の立ち位置がはっきりしているrole playの一役を選ぶといいでしょう。

更に効果的なpresentation手法について、お話してみたいと思います。これらも、学習に関するInstructional designの研究から示唆されています。

  • 文字だけよりも図や写真を取り込む
  • 文字の替りに、ナレーションを入れる
  • 動画の様な映像と音声を重ねる
  • 本物の事例なども沢山参考にし、出来れば現場体験などもおこなう
  • 自習的学習よりも、仲間と協調的行動をして何かを解決した例など

最後になりますが、presentationの構想を練る時に最初にやることですが、このpresentationを行う事で期待する、達成すべき目標を明確に、より具体的に定めることです。例えば、営業研修の売り込み側でなく、立場が逆転した顧客側で、こんな新しい製品を開発して欲しいという要望を仕様書案と共に提案し、相手の営業マンが絶対に請けてくれるかどうか、お互いにビジネスになると信じ込ませる位の本物の交渉が出来ることを目標とすればいいわけです。

このようにInstructional designでも、これから学習しようとする到達点、目標を最初に具体的に定めることが肝要で、そうでないと学習の過程もあやふやになってしまいます。上の営業マン研修では、目標はこちらも斬新な提案をするが、絶対に営業マンを新製品製造に向けて受託してくれる、その気にさせる交渉力を身につけるという事にもなるでしょう。

最初は失敗しても、次のpresentationを行う機会を得たら、改善すればいい訳です。繰り返しも大事ですが、自分の考え方だけで失敗を改善せずに、presentationを聴いてくれた仲間やtutorのアドバイスも入れて、改善した方がより効果的になると思います。

Edgar Dale氏のInstructional Design:

http://wpedia.goo.ne.jp/enwiki/Instructional_design

英語能力向上 1

日本の元気さ、産業界の強みが失われ、最近では企業のグローバル経営だの、グローバル人材育成だの聞かない日は無いくらいだ。

さて、グローバル人材=英語能力と短絡しがちであるが、実際英語を母国語とする様な欧州、米国でも全てがグローバル企業になっている訳ではなく、逆にグローバル企業を目指して、失敗を繰り返していることが普通である。したがって、英語能力は必要条件だが、必須要件ではない。グローバル企業経営の泥臭い話は、ここでは避けておいて、日本人の英語能力向上に関する話題に触れたい。

最近、e-learningに嵌まり込んでいて、ITツールが華々しく登場し、これらを使いこなし、教育分野に大革新を起こさせる風を感じ始めている。今まで、日本人には聞きなれないInstructional Design (ID) という言葉にも出っ食わし、所謂従来型の教室で行う授業学習でも必要なことでもあったが、このInstructional Designはe-learningでは先生と生徒が面と向かい合わないので、最重要な検討課題となっている。

幾つかのIDに関する著書を読んだが、その一つに、人材育成では、① 認知的能力訓練、② 知覚運動系訓練に加え、③ 態度の育成 (原著の英訳の影響かもしれないが、態度だけでなく意識、やる気と受け取るのが良いかもしれない)が最も大切だと指摘している。

はたと気が付いた。これまで英語は認知訓練(知るということ)だけだと皆さん誤解していたのではないか。英語能力向上は、認知能力でなく、② 知覚運動系訓練と③ 態度育成(感情表現)ではないかということだと。

そう気が付くと、先が早い。英語は言葉、実際に話して使って、作った文書などが、相手に理解されたか、解ってくれたか否か、結果をみれば学習の効果が直結する。

英語は身体で覚え、相手がいるその場(環境)で、如何に振舞う態度がカギ。

  • Best practice を真似する
  • Role playを沢山経験する
  • Presentationを実施する

という単純な3ステップ訓練 (Edgar Dale‘s Cone of Learning) でいける事が解った。

英語能力向上 2 へ続く。

Designという言葉

最近、私の周辺でデザインという“言葉”がキーワードになっているシーンが多い。教育関係のInstructional design とか イノベーション関係で Design thinking 。

実際にデザインという言葉の本来の意味を確認する為に、英英辞書を手に取る前に、これまでの自分にとってのデザインという言葉はどのようなものであったか振り返ってみた。“設計”というより、紙に何かクレヨンかペンで、ささっと図形を描いて、視覚的に見える図柄のような認識だった。それがそのうち、設計するという抽象的な言葉へ認識が移っていた。

さて、眼の前の英英辞書;The AMERICAN HERITAGE dic・tion・ar・y のdesign のページを開いて、ちょっとどころか非常に驚いたのである。To conceive; invent が最初の説明であった。確かに、その幾つか後に、名詞で a drawing or sketch という説明もある。いや、これまで、このスケッチや図柄という概念に引きずられていた事を反省した。

To conceive; invent なんだと言われると、“設計“どころか、深く考え、創造し、心(意識)の中に形作るものであるという意味があり、それも他人の真似ごとでなく、最初に考えつかないと、本来のdesignという言葉に値しないようだ。

こう合点がいくと、教育関係のInstructional designや、イノベーション関係のDesign thinkingが活きて来た。言葉にも命があるように思えた。時代が変わると言葉の意味も変遷して行くことも認識しておかないといけないようだ。

リミックス(remix)の文化と著作権

以下、2009年3月24日通信業界の国際カンファレンス、2009 OFC Plenary sessionで、実際に聴講した講演に関するまとめである。

ローレンス・レッシグ氏、スタンフォード大教授、米国で最も影響力のある公共的な知識家、法律の専門家。デジタル通信時代の知財の専門家。ローレンス氏は、過去の(創造物の)蓄積や法律や技術で社会が推奨するか、又は禁止する環境に依存して、如何に・どのように創造的な仕事が形成されるという社会基軸を持つ創造性に重点をおいて研究している。

 

19世紀以前はread writeの文化

20世紀はread onlyの文化

21世紀は新しくコピーライトの概念を考え直さなければいけない。

 

copy Re-mix
Professional Needs copy right Gray zone
amateur Gray zone free

 

インターネットでは企業や個人が多くの引用物(絵、音楽、写真、動画)を混ぜ合せながら作られるコンテンツが掲載されるが、その文化やコピーライト・著作権とはどんなものかと考察している。

アマチア(公開されても商用に対価を取って販売されない)のリミックスは自由に出来なくてはいけないという精神があると思う。

http://www.reuters.com/article/2009/03/22/idUS42888+22-Mar-2009+BW20090322

当時残しておいたメモ書きをもとに、3年も経てから何故まとめたかは、Open Education の仕組みの中で、インターネット上に公開される教材・コンテンツなどのクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)活動を推進している団体があることを教えて頂いたからです。

http://creativecommons.jp/licenses/