物々交換と信用意識改革

平成29年3月18日昼間、中央区常磐橋近くの日銀貨幣博物館(正式名、日本銀行金融研究所貨幣博物館)を見学する機会があった。

たかが種々の金属を用いた銭作りや紙に印刷した紙幣作りのまとめかと浅はかな思い込みは全くの的外れだった。

古代は口にできる食品や生活するのに必要な物資の方が価値が高く、物々交換の慣習に貨幣を如何に流通させるかの意識改革が必要だったことが分かった。その為に当時の国家や大手商人の裏打ちがされた(信用という無形の価値を相互に受け入れる)貨幣という位置づけだった。

古代の租税の支払いは物資であることが多かったが、重たい物資を奈良の都へ運ぶ、流通改革も貨幣の代替で行われており、手形の習慣も生まれてきた。

古代の日本では銅資源が限られており貴重で、銅銭が使われた。そのうちにもっと貴重な金銀が登場するが、それには深入りしない。粗悪品は鐚銭(びたせん)と言われ、この博物館の情報ではないが鉄で作られ銅銭の十分の1の価値だったという。

古代の日本は国内で銅資源開発を進めるより、中国から銅銭を輸入したほうが安上がりで、中世までそれらが流通した。輸入されたという事は他の特産品が日本から輸出されていったということで、国際貿易が発達した。

通貨の単位は銅銭の重さ、一貫とかが使われた。また、8世紀ごろでも融資(借金)制度があり、月利が15%で現在と比べると違法金貸しより、もっと高かったが、比較的短期間に返済されている記録が残っている。その後、禄高などがお米の量、石で基準化されて、貨幣の仮想的価値の受け入れには、それなりの年月が必要だったことを認識した。

見学した際には古くからの江戸の桜の花見のスポットが浮世絵で紹介されており、屈強な感じを和らげていた。予想以上に見学者(海外からのツアー客も含め)が多かったです。

https://www.imes.boj.or.jp/cm/

 

雑感

既に平成も29年に入り、天皇ご退位意向で平成もあと数年らしい。

さて平成28年の新年目標は汎用AI、 artificial intelligence の動向を深めるべく、更に勉学に励みたいという気持ちを設定した。AIの海外での取り組みは素早い、遅れて国内の動静はどのようになっているのか、1年かけで資料をまとめたが、そう簡単ではないことが分かった。産学協同のプロジェクトもようやく立ち上がった。

今年、平成29年の目標は”無”を理解しようと設定した。

事のはじまりは、昨年実は実母(86歳)の旅立ちを見送ったところ、相次いで母の兄弟、姉、弟、私の叔母、叔父が後を追うように2-3か月おきに他界した。普段お聞きする機会がない、和尚さんの講話を聴いたのがきっかけとなった。

普通、神社やお寺に行くとさい銭の代わりに願掛けをするが、ある和尚が願わず無心に祈ることが道だというような話をされた。

数学的”無”も表現、理解は難しい。まして心の”無”とは何ぞやとなったわけである。(続く)

 

今年2016年は夏目漱石没後100周年

平成28年5月7日、連休も終わろうとしている今日であるが、何気なく収納棚の奥に押し込まれている資料を取り出すと、これが以前青空文庫からプリントした寺田寅彦が記した“夏目漱石先生の追憶”だった。偶然であった。

文は長くもなく読み返すと、この追憶は寅彦が昭和7年12月に著したものであることが分かる。それはちょうど漱石が没してから16年後の事であった。今年から下がると84年も前のことになる。若い時に慕っていた師の没後16年になってから、著した追憶ということになる。おりしも、漱石が五高に英語の教師として松山から赴任してきた熊本である。先月震災にあい未だ余震がついているのも何かの縁と思うが、後年地震学者となった寺田寅彦が生徒としていて、熊本白川(藤崎神社近く)の漱石宅を訪れるところからこの追憶が始まっている。漱石夫妻は引越し好きで、この寅彦がある理由で伺うことになった家は五番目の内坪井の家に当たるそうである。

正岡子規、俳句の話や漱石の作品に登場してくる役が漱石の周辺でいる知り合いであるという話題は別にして、再読して是非ご紹介したいことを示す。

寅彦は、漱石先生が“文学の科学的研究方法”という大きなテーマを持っていたと想像していること、

寅彦は、漱石先生から、“自然の美しさを自分自身の目で発見する事、人間の心の中で真なるものと偽なるものとを見分け、真なるものを愛し偽なるものを憎むべき事”を教えられたとある。

記念展示会なども企画されている。ご参考までに。

http://www.kanabun.or.jp/exhibition/4344/

 

吉田長次郎氏との再会

もう1か年が過ぎてしまって、HPにアップする時期をなぜだか逸してしまっていた下記の話をご紹介したい。

————————————- **************************** —————————————

平成26年8月月末、自宅に突然のお電話頂いた。
お宅様のHPを拝見しました。
<あのー>、失礼ですが、吉田長次郎の娘です。
家族でも、寺田寅彦と父親が何か親交があったとは知っていますが、
詳しいことは分かりませんでした。父は約40年前に亡くなっています。
最近、ネットで検索したところ私(egami)のHPに書かれているのを見て、
ご家族も吃驚したというような内容でした。

吉田長次郎氏は寺田寅彦の随筆には無く、没後まとめられた書簡集に何か所か
お名前が出てくる程度の氏であると理解していた。詳しくは私のアーカイブを参考にして頂きたい。

http://e-bbb333.com/tripleB/archives/766

http://e-bbb333.com/tripleB/archives/495

なぜ私が長次郎氏に興味を持ったのかは、寅彦が昭和10年、年の瀬が迫った12月に病死するのであるが、
病床にいても、さらに代筆を頼んでまでもして、最期の手紙を送った受け取り主だったからである。
それは、病死した昭和10年の3月ごろに、長次郎氏が寅彦へ(正岡)子規30年記念号を贈った、返礼の
手紙であった。

私も電話先の娘さんへHPに書いた内容も見もせずに、頭の中に焼き付けられてる
これこれ、云々の理由、背景を話させて頂いた。
ふと考えると、家族が知っている親の世界と家族が知らない親の世界があって、
家族が知らない世界が現代の魔法のツール、インターネットのHP,ブログで
父親の死後40年を経て知ったという稀有なストーリになってしまった。

娘さん、西山展子さん(81歳)がまとめられた冊子・楽天に詳しく長次郎氏の生き様が
まとめられているが、これらは私がこれまで知らなかった一市民、長次郎氏の一生であった。
人は生を受けたからには、普通両親の出身地や親の仕事の関係でどこそこに
住み始め、そこが人生のスタートとなる。

長次郎氏も四国の多度津で命を受け、母親方の出身が松山で、松山が生活の基盤となったようだ。
長次郎氏は東京帝大を卒業し、文学、美術・絵画を得意とし、松山の学校で
教師を勤めたそうである。時代も時代、そんな環境で、夏目漱石の教え子の寺田寅彦、
若くして没した正岡子規の俳句を通して、人が人を誘い、切磋琢磨していたことが分かる。
残念かな、漱石の俳句、寅彦の俳句はそれほどでもなかった様だ。
吉田長次郎氏は、ホトトギスの会員で、吉田橙子(とうこ)と名乗って
俳句など文学活動をしていたそうである。

西山様の冊子・楽天には、父親長次郎氏が旧制高校の後に愛媛大となり、愛媛大で教鞭をとっている
最中に、西山様も学生として愛媛大に学び、学友の先生が長次郎氏であり、また自分の父親である
板挟みの環境にご苦労された事も書かれている。

長次郎氏は、退官後は東京に居を移し、暮らして、今から40年ほど前に80歳で旅立たれ、
正岡子規の倍以上、50台後半で去った寅彦、49才で去った漱石より充実した
人生を送られたに違いないと信じている。娘さんが、きちんと冊子・楽天を残されているからである。

最近話題の村岡花子も、子・孫が親・祖母を振り返り、親が生きた時代よりも、
死して現代に知らせしめた様なもので、私も村岡花子は知らなかった。

親が死して、その後、親の人智の及ばないで世界で子が親の生きざまをまとめ上げる。
そんな境遇には私は決してならないとは思うが、長次郎氏の娘さん、西山展子さんは
それを実行している。その努力に敬服したい。晩年の長次郎氏のお写真も頂きました。

合掌

問い形式の講演会

昨日<平成27年>6月15日、官公庁系外郭団体主催の講演会に参加した。主題テーマはさて置き、講師の方の話の進め方が非常に印象的だったので、皆様と共有させて頂きたい。
普通は講師の方が主題テーマについて解説的に説明してくれるのだが、その際に主題テーマ分野に詳しい方が主に参加されている会なのか、それとも一般の方が主であまり知見がないのを前提に、解りやすく教えてくれる会なのか、どちらであろうかと気が先に行ってしまう。今回の私の立場は後者の一般で知見はあまり持ち合わせていない参加者の部類となる。こんな、話をされる前からの詮索、心配はいっぺんにすっ飛んでしまった。

話の章立ては別として10を超える質問・問い形式にまとめられていて、その知りたいという問い(聴講者の立場で仮想的に問いを作成)に答えてくれる形式(講師が答える)で、講演を進めて行こうという前提で配布資料も作成されていた。従って、普通だと講演が終了し質疑の時間に入るのだが、昨日はその質疑の質問は大方回答が済んでしまっていた。そこで、本当の質疑になったのだが、賢い聴講者もいるもので、最後の質問は講演者も本当に知りたいという内容の質問で、その答えは小手先や熟考しても回答できないもので、少し長い時間の議論になってしまった。

(参考)
問いがあって、その回答が完璧なまで準備できるケースは既存の従来技術を中心とする理系のケースでは可能だが、未知への課題、イノベーションはそう容易には答えが無い。それでいいのであって、喧々諤々議論する価値がある。
また、社会的、政策的に混沌とした状況、情勢に関する問いなどは全てを満足、納得させることは出来ない。そこで、結論を急ぐと集団、組織、議会などでは多数決を取って、これを善しとしようとする。このような際に多数決を取っても、最善、最良であることは稀である。

久しぶりの体感

こうやってコンサルタントの仕事を続け、10年が経ってしまった。

顧客の依頼を忠実にこなし、支援する事は誰でもが解っているが、具体的にどうやってソリューションを提供すれば、満足して頂けるか、自分でも達成感を得て、次の案件に進もうという意欲、インセンティブを持ち続けるための経験を最近した。

これは誰でもがしていることだが、業界の展示会に参加してみて、還暦を過ぎた身でも常に新しいことを勉強し、吸収し続けること 1)、ただの勉強でなく、時間が進むと歳をとるのではなく、古い捨てることが出来るものは捨て、新しいライフスタイルを得ること 2)、そのような経験、体験を出来るだけ多く見つけること 3)。

さしずめ、生涯教育という言葉もあるが、一生涯とはやや嫌いな言葉。最近の流行の言葉で表すると持続可能な勉強という事になるだろう。 <sustainable>が持続可能と和訳されてるが。

6月10日から始まった都内からちょっと遠い、しかし、メトロや京葉線を乗りつぐと速い、幕張メッセのInterop 2015へ行ってきた。久しぶりの体感とは、IT業界企業の関係者、社員は若い。現場も盛り上がり熱気を感じた。それより、10年前までは考えられなかった技術、システム、装置が実用に供されていたことである。重厚長大、軽薄短小とよく言われるが、絶対的で完璧な目標は誰に分かるであろうか?、そこにとらわれず、その場その場で最適と思われるソリューションで対応していけば宜しいのではないだろうか。

余談、プラレールは子供が喜んで遊んだが、最新のリニア―トレインの模型は大人が喜んで遊びたいとワクワクさせるもの。こんな新しいライフスタイルの仕組みを目指す気持ちを持ちたい。

寺田寅彦の蓄音機

寺田寅彦が蓄音機について書いている。時は大正11年4月のこと。

エジソンがこれを発明したのは1877年で、日本では西南戦争をしていた頃。寅彦の父は其の西南戦争へ参加していたと書かれている。

さて、詳しくは青空文庫の随筆をお読み頂きたいが、実演とはレコードを蓄音機で再生して音を聞くことだけではなかったことが紹介されている。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2446_10267.html

寅彦が中学生の時に聞いて覚えている実演とは、先ず文士が肉声を吹き込むのである。聴衆は先ず文士の肉声を聞いて、頭に記憶しておき、吹き込みレコードされた板を、今度は再生し、其の再生音と覚えている肉声とを、あれやこれやと比較している様子を描いている。

文士が実演の時「ターカイヤーマーカーラアヽ」と歌ったそうで、お経か呪文か?私は意味が分からなかった。寅彦もそう思ってカタカナ書きにしたのだろうとも考えた。実はこれは、“高い山から、、、、”という歌の事だそうだ。

蓄音機の機械回りのことをやはり、あれやこれやと物理学者であるので、グラムホンのものは繊細に溝が切られていて、音がいいとか。針が大切だとかという表現で語られている。

繰り返し、決まりきった同じ内容を講義する先生の代わりに、装置を用いた教育論まで言及している。今のe-learningに近い話である。

随筆の最後の所で寅彦は、以下のように書いている。約86年前にである。

——————————————————————-

蓄音機に限らずあらゆる文明の利器は人間の便利を目的として作られたものらしい。しかし便利と幸福とは必ずしも同義ではない。私は将来いつかは文明の利器が便利よりはむしろ人類の精神的幸福を第一の目的として発明され改良される時機が到着する事を望みかつ信ずる。その手始めとして格好なものの一つは蓄音機であろう。

——————————————————————–

文明は便利を追求するものだが、将来文明の利器は人類の精神的幸福を満たすものになると。それが蓄音機であるならば、今のAV機器、iPod、任天堂、ソニーのゲーム機器などは人類の精神的幸福を満たすを通り越して、“薬”の如く止められない習慣性をも植え付けてしまったようだ。携帯端末も“リアルタイムで電話をする“という利便性は二の次で、ネットアクセスや着メロ、最新型はワンセグ(地上波デジタルテレビ)まで付いている。

*注:この日記を書いた2008年8月には未だスマフォという言葉はなかった。

2008年8月27日記す

英語のhearing

今日日中、都心の路地を歩いているとビル蔭から、クロー、クローと鳥の鳴き声、姿は見えず。

はたと、日本では烏はカー、カー。でも英語で烏はcrowとスペル、これはまさに鳴き声を鳥名にしたものと気が付いた。確かに耳にしたのかcrow, crowだった。

よく耳を澄ませると、意外と英語のhearingが向上するかもとにやにやした。もしやそのカラス欧米伝来?そんなことはあるはずがない。

Marketing?

昨日、家族から頼まれたものを買いにあるストアーへ行って、頼まれたものを購入した。

さて、レジの列に並ぶと手の届くところにワインコーナがあった。目線を向けるとオーストラリアワイン。ちょっといいなと思って、陳列のブランドワインのラベルと読み出すと、Jacob’s CreekのShirazとある。10年以上前の2003年にNZとAUの海外出張に行った際に、これまで初めてだったAUのワインにはまってしまい、仕事の後、別送便で現地のワインを1ダース送ったくらい味に嵌った。それ以降、都内でもワイン専門店でAUのワインを買い求めることが少なからずあったが、そのような際は予めAUやNZのワインをこのくらいの予算で買おうと事前に意識して、店へお邪魔する。

2011年もの

Jacob Creek Wine

今回は、全然別の品物を依頼され購入する目的でストアーで行ったのだが、全然買うつもりもなかったのだが、つい手が出てしまい、なぜか無意識に手にした。そこで買おうと決めてラベルを見ると2011年もの。まあまあだなと思った。

こんな具合だから、品物、商品、新製品を売り込むmarketing戦略なんて、いい加減なもの。安い、見た目が良い、新機能が一杯ついている、他社よりおしゃれ、などなど、データ分析用評価項目がいくらあっても、絶対お客、ユーザを取り込めない。

無意識の中のmarketingみたいなことをまとめた書籍もあったようだが、やはりそれともちょっと違う印象だ。買ってしまって、このような行為をmarketing的分析の説明を加えても意味がない。しいて言えば、価格?5000円のワインだったら、出した手を引っ込める。テーブルワインの価格だったのが偶々の理由か。

 

Globalization インド経済セミナー

2014年5月30日(金)、日経ホールで開催のインドセミナー、「インド金融改革の進展と日本企業への影響」に参加した。セミナーの内容は別にして、参加のパネラーの方々のご意見の中に、日本と印度と協業するビジネスだとか参加者の海外経験の話が多くされた。

http://www.iies-japan.com/iies-j/

それらに、globalization とは何かについて、非常に参考になるコメントがあった。

1. 日本に海外企業を呼び込む、参入支援する環境作りをすること。

2. 文化が多様なインドとユニカルチャーな日本のマッチングをどこに見出すか。

3. 若者(年齢30歳前で)により多くの海外経験を、それで多くの人脈(友人)をつくること。

4. もちろん言葉として、英語の話は出てきたが、不完全でも自分を主張できること。ある企業では多国籍社員が24か国から来ており、24の英語がある経験をされた紹介。

5. 印度は日本の中小企業がビジネスをしやすい環境作りを支援できるか。1. の表裏逆の話である。

6. 例えば米国に留学している中国人は20万人を超えていて、日本人は僅か中国の10分の1の2万人レベル。ハーバードの先生から、日本は大丈夫かと本当に聞かれたという。やはり海外留学は望ましい。

Globalizationのテーマから離れると、印度は中央政府よりも州政府が強い。連邦制形態に近いこと。上院と下院の選挙制度が大きく違うこと、下院はいわゆる国民の選挙、上院は州の議員の選挙で決めること。それで、勿論、規制や法律も異なること。州をまたぐインフラ整備をしようとしたところ大変な苦労をされたこと。各種役所に申請する書類が山の様にあって、工場を建てるのに、申請書類を保管するオフィスでなく、倉庫が本当に必要だった話。しかし、若者の割合が高く、日本、中国をこえて、将来は世界で一番注目される国になる可能性が高いこと。農業や資源産業が盛んで、製造業を飛び越えてサービス業も発展しているが、飛び越えた人が関わる製造業が弱く、特にエレクトロニクス分野では後塵を拝していることなど、勉強させていただきました。

ke