道後温泉と最新掘削技術

松山の道後温泉、古くは万葉集にも熟田津の、、、とうたわれていることもご存じで、最近改修の工事で話題となっている。

平成29年2月12日朝、NHKのおはよう日本の番組を観ていたところ、おやっとするというより日本の先端技術は温泉掘削にありという驚愕の事実を知った。

結論を先に説明すると塩田岩治氏が昭和21年(西暦1946年)の南海大地震で枯れてしまった道後温泉の泉源を深く掘れる当時貴重だったダイヤモンドを取り付けたドリルと斜めに掘削する技術を応用して新たな泉源を見つけたという話である。(参照を文末に示す)

地球上の石油資源が枯渇すると言うながら、次々と埋蔵田がみつかり、バレル当りの価格も100ドルを越えて、掘削経費にも巨大な投資が行われている。最先端の石油掘削技術を有するGEの様なグローバル企業はもちろん、最新のダイヤモンド掘削ドリル、高温度や歪をセンシング出来る光ファイバーが挿入されているパイプケーブルを使い、既に塩田氏が試みた斜め掘りや深部に行ってから水平掘りを行っている。

なぜこのようなことまでして(技術開発と巨大投資)、化石燃料である液体上の原油や気体状の天然ガスを確保したいのかというと、中東でなく北米の地下深くにシェールガスという資源があることが分かり、そのためにパワーバランスというか米国が石油資源国というポジションを得るために推し進めてきた。私は若干このシェールガス掘削前にコンサルで関連の仕事をしたことがあったのでなおさらであった。

———————————————————————————————

道後には、お湯不足の危機を救おうとした男の物語もあります。
昭和21年に起きた昭和南海地震。
四国各地に甚大な被害をもたらしました。
このとき、温泉のお湯が一時止まってしまいます。
その後も道後は何度もお湯不足にさらされてきました。
そんな中、1人の男が立ち上がります。
塩田岩治、日本の地下資源開発のパイオニアです。
道後の固い岩盤に阻まれ、誰もが掘削を諦める中、ただ一人、新たな源泉探しに乗り出したのです。
すでに増湯の望みなしと言われたことなど、直接聞くに及んで大いに動かされるところがあった。
塩田は、固い岩盤を掘るため、独自に掘削力の強い新型ドリルを開発。
刃には、当時国内で珍しかったダイヤモンドをふんだんに使いました。
さらに、画期的な手法も編み出しました。
通常、地面に対して垂直に入れるドリル。
これを斜めにすることで、一度の掘削で水脈を掘り当てられる確率を高めたのです。
1年後、新たな源泉の掘削に成功。
危機に陥っていた湯量は、3倍にまで増加しました。
生前の塩田を知るめいの佐藤洋子さんと夫の光雄さんです。
塩田は、掘削のためには私財を投げ打つこともいとわなかったといいます。

(NHK おはよう日本より)

http://o.x0.com/m/435021

 

シェールガス開発に関する参照

http://www.jogmec.go.jp/library/recommend_library_01_000014.html

 

 

英語のhearing

今日日中、都心の路地を歩いているとビル蔭から、クロー、クローと鳥の鳴き声、姿は見えず。

はたと、日本では烏はカー、カー。でも英語で烏はcrowとスペル、これはまさに鳴き声を鳥名にしたものと気が付いた。確かに耳にしたのかcrow, crowだった。

よく耳を澄ませると、意外と英語のhearingが向上するかもとにやにやした。もしやそのカラス欧米伝来?そんなことはあるはずがない。

Glazing 5

和の世界の焼き物、釉薬を英語圏でただガラス化という単純な意味合いでしか捉えていないようなので、英語圏の陶器の状況、ゼーゲル式、言葉の使い方などを調べてみた。

やはり、きちんとゼーゲル式に基づいて各組成を計算して調合している状況のようです。下記に参考例として、写真集 flickr に出ているものが紹介されています。

http://www.flickr.com/photos/claycraft/18981798/

海外では陶芸教室(同好会)をClay(意味は粘土)Club と呼んでいます。

磁器をporcelain と呼びますが、低い温度で焼く陶器はPottery と呼ばれています。Retro Pottery は日本人はわびさびを感じる釉をかけた陶器を言うようです。俗っぽくいうと、ceramic art という言葉で同好会の方が作った作品を言っています。

英語の事例ですが、Matte Crystalline Glaze はマット結晶釉のこと、Glaze mosaic – Collectionは 種々の条件で焼いた釉薬の試験片の事を言います。モザイクという言葉が使われています。

更にネットで調べると、彼のゼーゲル先生が開発したという釉薬、花瓶(一輪ざしのようです)に辰砂のような釉をかけた作品が出ていました。非常に色彩豊かで、私も辰砂が好きです。

http://www.bridgemanart.com/asset/500244/German-School-20th-century/Vase-glaze-developed-by-Hermann-August-Seger-183?search_context=%7B%22url%22%3A%22%5C%2Fsearch%5C%2Fartist%5C%2FGerman-School-20th-century%5C%2F6164%3Fpage_num%3D16%22%2C%22num_results%22%3A1296%2C%22search_type%22%3A%22creator_assets%22%2C%22creator_id%22%3A%226164%22%2C%22item_index%22%3A977%7D

陶芸に関する英語の用語集もあり、日本の焼き物がローマ字化されて、出ています。志野焼、天目釉などなど。欧米圏には無かったようですね。

http://www.retropottery.net/p/glossary.html

こんな具合ですから、オリエンタル(中国、日本)の焼き物が世界でかなり席捲していることは確かです。日本の古い時代の釉薬はゼーゲル式が無かった時代に創作されたもので、試行錯誤があったとは思いますが、偉大な創造性の発現であったことは間違いありません。

参考ですが、信楽窯業技術試験場が公開しているゼーゲル式―重量素成自動計算サイトがあります。各素材を集めれば、御自分でマイ・ユウヤク(my you-yaku)が出来ます。

http://www.shiga-irc.go.jp/scri/tech_info/%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%AB%E5%BC%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%AE%E8%AA%BF%E5%90%88%E5%89%B2%E5%90%88%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B/

なお、Seger、glazing、 Porcelain の3ワードでGoogle検索しましたが、ヒット数が僅か15000件で、海外でも陶芸に関する情報は少ないようです。

 

イルカの訛り

イルカにも訛り(方言)が有るというニュースがでていた。

http://kaken.nii.ac.jp/pdf/2010/seika/jsps/14101/19380112seika.pdf

人も地球上であちこちに代々住み続けており、固有の文化、民族があり、それがいろいろな政争の具にもなったりしている。イルカにも、さもありなんと思った次第です。しかし、イルカは大海の中で、移動が自由でも、恐らく彼らも代々住み続けてきたテリトリーがあるはずで、イルカの戦争は大々的に聞いたことがないが、これを書き始めて、イルカや鯨の類が、ある日突然大きな群れで海の浅瀬、海岸に乗り上げて、集団自殺したようなニュースを思い出した。

動物学者の説明は地磁気や耳の方向感覚がなくなり浅瀬に来てしまったようなことである。しかし、言葉を持って、さらに訛りもあるような高等動物が、ちょっと方向感覚がおかしくなった1尾や2尾が海岸に打ち寄せられることは考えとして許しても、集団ではと考えづらい。

イルカにも訛りがあることは、生活が限定されて、各々がこれで快適だという環境を見出して群れで住んでいることの証である。裏を返せば、他の訛りをもったイルカ群はまた別の彼が心地いいと思った環境に住み続けている。そこで、考えると、こっちの方が良い餌があるとか、潮の流れがいいとか、彼らがそこでいいと思っていた環境が、一度別なところにもっと良い環境が有ることを知ってしまうと、イルカでも何をしだすか考えてみた。

そうである、人と同じ、チンパンジーでも同じ類人猿で下等な猿を襲撃して殺して食べてしまうことは多々報告されている。これは小さな戦争、襲撃である。中央集権国家があって、統制が利いて、国内では内乱がないような理想郷は人の考えるものである。

そうである。イルカも群れ同士で争い、大きな集団では戦争と言ってもいいことが起きているのかもしれない。所詮魚の形態であるから手で持つような武器はないであろう。集団同士で押し競饅頭(おしくらまんじゅう)をして、一方の群れが弱い群れを陸上に追いやれば息絶え絶え、水中に残れるものが勝者になりえるのではと考えてしまった。あの、大量のイルカや鯨の死は彼らの戦争の結末ではと”朝から”妄想してしまった。

どんな生き物でも多様性を認めて共存できたらと思いたいが、それはダーウィンの進化論で説明出来てしまうのか、出来ないのか。昨今その”多様性”という言葉が対話や議論で多く語られてはいるが、実際は受け入れられないようになってきていると感じている。

お八つ

平成24年10月16日の知り合いの方のtweet。

「六つ」というと午前の6時ころか、18時ころかが分からないので、午前は「明け六つ」で、午後は「暮れ六つ」と言った。室町ころから日の出から日の入りを6等分する不定時法が定着した。ひるの「八つ」はだいたい14時ころで、その頃間食をしたので「おやつ」というのだそうだ。

https://twitter.com/sabo0509

今風にいうと“おやつ”は大体午後3時ごろに、腹が減って来た頃に口にする、お菓子みたいな食べ物のこと。

横浜生まれで、その後神奈川県の中部、茅ケ崎で育った私の記憶では、友人の実家(大農家)ではおやつを“おこじゅ“と呼んでいた。それはネットなどがない昭和40年前後の頃の話。今、ネットを紐解くと、”おこじゅー“は神奈川や多摩地域の”おやつ“のことの方言と説明されている。

さて、知り合いのtweetでは旧暦の時間の分割の仕方が西洋風とは異なり、日本では不定時方法によると、昼の八つは今の午後2時ごろになるそうだが、今は定時の午後3時ごろに口にするちょっとした食べ物が“おやつ”になってしまっている。

さらに続けると、今我々は1日に三食食事を取っているが、その昔は日本も西洋も朝、夕の二食だったと聞いている。そんなことで、身体を使う仕事をしている人が殆んどだった昔はちょうど腹が減る頃に何かを食したいことになる。所謂、おやつ・間食で、恐らくそれが昼食(ランチ)となり、三食制へと変わっていたのではないかと推測出来るのである。

現代人は、朝、昼、晩と三食も食らう人種となってしまっても、さらにおやつと称して午後3時ごろ何かお菓子みたいなものをしっかり食べるようになってしまっている。昼食を食べることが本来の“おやつ“とするとそれで十分なはずである。

Tote Bag

今朝、ユニクロの宣伝チラシで、先着でトートバック差し上げますとあった。

さて、トートバックの本来の意味は?と家のものが疑問に思った。我々も買い物へ行く時、スーパーのレジ袋資源削減に協力し、買い物バックを持っていくこともある。トートバックと買い物バックの違いもなさそうだが、英英辞書を取り出し、調べてみた。

トートはtoutでなく、tote。tote bagで本などを持ち運ぶバックとある。toteはまとめるという意味もあることが書かれている。

更に、ページの前後を見ると、toteはtotalの語源のよう。それで合点がいった。何かその辺にあるものを一まとめにして、押し込んで持ちお運ぶ袋と考えればいい。

さしずめ、買い物袋との差異もなさそうである。

アインシュタインとE=mc2

寺田寅彦が大正10年10月に発表した“アインシュタイン”の中に、以下のように書かれているところがある。

ある対談でアインシュタインが次のように述べたそうである。「蒸気機関が発明されなかったら人間はもう少し幸福だったろう。」。また他の人と石炭のエネルギーの問題を論じている中に、「仮りに同一量の石炭から得られるエネルギーがずっと増したとすれば、現在より多数の人間が生存し得られるかもしれないが、そうなったとした場合に、それがために人類の幸福が増すかどうかそれは疑問である」と云ったとある。

という事は、アインシュタインが、蒸気機関が発明されて人類が幸福から遠のいたと考えていた。化学反応の石炭の酸化燃焼反応で得られるエネルギーよりもっと莫大なエネルギーを取りだせる方策をも考えていたのではないか。それで、より沢山のエネルギーを得ることで、人の幸福が更に遠のいていくと考えていたのだろうかと、今日、自問してしまった。

当時既に、アインシュタインのエネルギーと質量の関係、E=mc2という事は理解されており、人類は後年、核分裂反応の僅かな質量減少から、莫大なエネルギーを取ることに成功し、不幸な利用(爆弾)や平和利用(発電)という蔭で放射能汚染まで実体験してしまった。そんな事まで、当時のアインシュタインが考えていたとは思いたくないが。

引用;青空文庫

http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/43074_23773.html

Eはエネルギー、mは質量、cは光の速度。

久々のGreen Touch コンソーシアム:FTTHなどのエネルギー効率大改善

これは、ちょっといいと直ぐに飛びつかないで下さいとも書かれているように、長期的なプロジェクト、取り組みになる。国際的な標準化作りもこれから。

一体どのような仕組みで、今世界中で布設・普及が進んでいる、所謂ブロードバンドの先端を行く、fiber to the home (multi-dwelling units、海外では日本で言うマンションへの光ファイバー繋ぎこみが主体) のエネルギー効率が改善出来るのだろうか。

詳しいプロトコルまでは紹介されてはいないが、Bi-PONとある。Bit interleaved passive optical network だそうだ。従来の光通信ネットワークでは処理されている99%のデータが利用されていないと指摘されている。さて、FTTXにBi-PONなるシステムを導入すると、30倍ものエネルギー効率改善を達成できるという。

Orange Labs, Bell Labs, nano-technology research group imec and French public research agency INRIA などのコンソーシアムのメンバーで開発したのだそうだ。やはり、日本のメンバーは入っていない。ポイントはちょっと複雑なデータ処理をするようで、専用の処理用半導体チップが必要で、そう簡単には現状のネットワークの更新は出来ないらしい。装置の新規設置が必要なようだ。

とりあえず、速報まで。詳しい続報が楽しみだ。

Bi-PON は2012年6月5-7日、米国ダラス・テキサスで開催されるTIA 2012のGreen ICT Pavilionでデモされるそうだ。

http://www.greentouch.org/

http://www.wirelessweek.com/News/2012/03/networks-GreenTouch-unveils-hyper-efficient-FTTH/

(追記);Green Bizによると、従来のPONシステムでは、例えば分岐するスプリッターの下の16-32ユーザのに全てのユーザのデータを送っていて、それらの中から特定ユーザの信号のみを取りだす仕組みだったが、新しいBi-PONは無駄なデータをPON上に送らず、始めから特定のユーザだけに信号を送ることで、データの処理・伝送段階で省エネ、エネルギー効率改善を達成させると紹介されている。いずれにせよ、現PONは世界的にかなり浸透しており、Bi-PON賀市場に入り込むには5-7年程度かかるとコメントされている。

http://t.co/qCZ1qfuT

事業継続計画 BCP

昨日平成24年2月2日午後、NPO光防災センシング振興協会から招待状を頂いていた第16回震災対策技術展に出かけた。
会場はパシフィコ横浜の会場A, Bであった。このパシフィコ横浜で開催された各種の業界展示会、セミナーにこれまで参加して来たが一番来場者が多かったのではないかと思った。

比較的小さなブースが狭い通路を挟んで設置されている位、小中企業、団体が多かった。所謂、大地震、津波、豪雨など自然災害が多い日本であるので、また、昨年の311東日本大震災の被災体験もあり、相当に関心度が高まり多くの参加があったのであろう。
しかし、出展分野の内容は確かに多岐に渡っているが、何かまとまりのない会場であった。

①災害予測関連、
②その予測に基づく対策、残念ながら地震を始め災害に被災した時の
③準備、避難施設・簡易住居、食料など当面生きる為のグッズ、
④被災者の救出関連機器、道具などと
筋道を書きとめればまとまってはいるが、展示会場ではその様なまとまりは感じなかった。

あるIT企業のブースではキーワードBCP(Business continuity planning、事業継続計画)を掲げ、その診断と対策の為のビジネスモデルを展開していた。一般人向けではなく、大・中・小企業および各種団体を運営している市場、B2B(Business to business)を対象にしているものである。簡単に言うと、災害を被災しても企業存続が出来るよう対策を取っておくことの指針である。

その出展企業さんより、今BCPの国際標準策定が進んでおり、日本でJIS化の動きがあるらしいことを教えて頂いた。そのベースになっているものは、英国規格のBS25999という文書であるという。米国でもなく、もちろん日本発でなく、やはり文化性なのか欧州発である。米国などではレコードマネージメントが以前から進んでおり、これもいざという時の企業存続を可能にさせる仕組み作りに関したものである。地中深くにある廃鉱の空間に重要な文書を保管するとか、分散管理して、身を守ろうとする仕組み作りである。今どきの表現をすると、何処にサーバ・データセンターがあるのかとうことは”内緒”にしなければならないのである。

今回の311大震災でも多くの中小企業さんが被災され、物的被災と人的被災があって、会社どころの話では無くなった沢山のニュースをお聞きした。まさにこのBCPであって、少し時間が経過して、人が生きる為、家族を守るため、地域を再生する為地方自治体の再生、産業の再生の為しなければならない事が山積みであることに気付く。

生きる為には働く事が出来る環境、企業存続と雇用の確保がなされていなければならない。震災対策技術展へ出かけたわけだが、思いがけない収穫、BCPを検討する機会を得た。元々レコードマネージメントや文書管理に関心を持っていたので、このBCPは一企業の問題としてではなく、国家存亡への道と言い換えてもいい位、今の日本に必要な仕組み作りであると思う。

新しい光源、近赤外光

2011年11月22日付け、Photonics.comのニュースレターで、近赤外線の新しい光源開発(米国、ジョージア大学)が紹介されている。(オリジナル;英語原文)

近赤外光であるので、人の目には見えないが、戦略的応用には事欠かない。ナイトビジョンで見ることになる。実際にサイトで紹介されているジョージア大学のロゴマークは発光した燐光をナイトビジョンで見たものである。

原理は、いわゆる、燐光、蛍光現象に基づいている。しかし、燐光、蛍光現象は遷移時間、緩和時間が短く用途が限定されてしまうが、今回の新物質開発では2週間も燐光現象が継続するという、画期的なものとなった。

3価のクロムイオンは燐光現象があるのは良く知られているが、発光時間は数ミリ秒と短い。そこで、ジョージア大の研究者は3価のクロムイオンの基体として亜鉛とガリウム(Ga)ゲルマニウム(Ge)系セラミック(gallogermanate)を用いて、この2週間という長時間燐光現象を達成した。このセラミックス材料は耐候性に優れており、屋外用途にも十分機能するという。

用途は軍事、警察分野だけでなく、高効率の太陽光発電、ナノ粒子に加工して癌細胞と結合させ、可視化して検出可能に出来るなどアイディアが広がる。

http://bit.ly/u8ONgq