地元田端遺跡発掘説明会

2010年4月25日午後1時より、北区田端、滝野川第1小学校の南西方面の広い高台地域で、田端西台通遺跡の現地説明会へ参加した。

参加者は3班に分かれ、おそらく150名以上の地元の方が参加した。資料など詳しい配布物があるので、ここでは撮影した写真より抜粋したものを掲載する。

RIMG0685

工事業者の説明看板↑

RIMG0690

地元田端にもこんな広い高台があったことが、建物を取り壊して、初めて解る。↑

RIMG0691

大勢の地元の方が参加されている。↑

RIMG0695

よく見ると、地層が分離しているのが解る。↑

RIMG0696

地層断面の拡大写真。黒っぽい層が新しい、茶色の層は関東ローム層。↑

弥生時代竪穴建物
弥生時代竪穴建物

 

焼失し炭化した柱が埋まっている
焼失し炭化した柱が埋まっている

 

カマド跡・煙を逃がす煙突跡もある
カマド跡・煙を逃がす煙突跡もある

 

柱跡が一列に並んでいた様子、水路らしきもの
柱跡が一列に並んでいた様子、水路らしきもの

 

墨書された須恵器、上、仁など解る
墨書された須恵器、上、仁など解る

 

煮炊き用土器
煮炊き用土器

 

黒曜石の鏃、石斧
黒曜石の鏃、石斧

 地元のあるおばさんの話。自宅の庭をちょっと掘ったら矢じりが出たので、持っておられた。話によると、戦時中爆弾が破裂して、穴が開き、深いところの土砂が吹き飛ばされたそうで、それで埋まっていたものが比較的浅い所にあったのだろうと。納得。

大きな縄文土器片
大きな縄文土器片

コメントを残す